無料
エロ
動画

九州 女子トイレ覗き 妄想 と 成長 |

実際にすると犯罪です 頭の中で描いて オナしてスッキリ 性犯罪軽減になると信じてます

発射〜オーライ!!

2013.03.27 Wed

23:06:19

久しぶりに「お便所」の話いきますね





画ちゃんのほうでちょろっと書いた話
僕は 観光地で育ったんで そんなヒト達が寄る場所に待機してた事もあったなぁって 
最初は まだコドモだったから 親と出かけた先でそんな場所だったりすると
覗いたりしてたのだけど 16歳になりバイクでウロウロできるようになると自分で行ったり そんな場所を探したりしました
観光地といえど県全土がそうではないのです 僕の街からは 少し遠いんです
だから機動力を得た16歳以降の話ですね
「常に」では ないのは 当時まだまだ街には たくさんのスポットがあったわけですし 主に行った観光スポットの半分の距離にその頃僕の身近では 一番上等な女(デパートガール)達が股ぐらを開いて見せてくれるトイレのある百貨店が3つあったから… それが僕の中じゃ一番上等なモノで バスガイドさんには 悪いが二番目のランキングでしかなかったからです
でも時折行きました まあ見晴らしのいい場所のドライブインとか土産物を扱う所とかです だいたいそういう所は バス会社と契約してルートに組み込んであるのでしょうね それは一つの会社にとどまりません
いろいろな他県のマンコを見たもんでした 観光客自体のも見ましたが 割合に年配の観光客が多くコレは是非!て女は 少なかったのが実状ですね
しかしバスガイドは 比較的イイ感じの女が多かったし制服がまた…イイですよね(´∀`*)
土産物売り場のスポットは バスが到着してない時は 売り子のお姉さんもターゲットにします これもまた制服が…( ̄∀ ̄)
見晴らしがイイ場所のスポットは ガイドさんは 案内もしなきゃイケナイので 速攻で用をたすようで もうしゃがみながらもジャラジャラ尿をこぼすは まだ終わってないうちからマンコに紙をあてはじめるわ(まあ だいたい拭き終わってから立つ瞬間にジョロッっとこぼす しかし もうパンツは上げてしまうので拭く意味があったのか疑問です)
コレはコレで粗相が楽しいのですが じっくり女性器を眺めたい時は 土産物のスポットです 比較的「脱糞」の確立も高いです
当時ですから比較的ぞんざいな造りのトイレ そして店舗の奥の目立たない場所に 男女とも並んで入口があります 殿方も女子便所には 自由にお立ち寄りください って感じにしか思えません
駐車場で待っています 
大型バスが入って来ます ほぼ間違いなく先にバスガイドが降りてきて ホイッスルを使いバスを誘導します この時に品定めします タイトめのスカートに包まれた尻のライン 腰のくびれ ふくらはぎから かかとが太いハイヒールまでの流れ 顔 乳房など 愉しみます ココで窓から見える乗客の質も見ます この比率で乗客が上なら先にトイレに篭っておきます が 逆の場合は トイレの入口が見えるようなところで待ちます なぜなら女子側は 個室が多く 一度篭ったら そのバスの乗客の一切が排泄終わるまで動きが取れません(同時にたくさん便所に来る)だから 見たい女は 基本的に選べません 自分の後ろの個室に入った股間を観る事になり 「いい女だったらラッキー」ぐらいな 向こう任せな窃視になります なのでコレは あまりしませんで入口の伺える場所で乗客達の排便を数え待ちます 最後の一人が出たら 女子トイレに侵入します 時々訳がわからなくなったりした事もあり女子便所に入ったら 洗面台の前に女がいた事もありましたが 「あれっ!?」というと「違いますよ!」とか「男は アッチですよ」と それで済んだ時代でした まあ 男側で待機すれば すぐ洗面台の前のおばちゃんは 出ていきますのでやおら女子トイレに入ります 一番奥の個室に篭り待ちます
キチンと乗客が終わってから自分の用をたす そんなキチンとしたバスガイドばかりでした 運がよければこのままのポジションでバスガイドの股間をナナメ前から観察できます そうでなかった場合は バスガイドが個室に入ってからその前の個室に移動すれば やはりバスガイドは 僕にあらわになった秘部を見せてしまう事になります
とにかく待ちます なんか足音のような気配がしたらただちに下隙間から入口付近を眺めます カカッコッカカッココッ…小さかった音は 入口をくぐると大きくなります 「カコッ コカッ カコッ コカッ!…」土産物をいろいろ見て回る乗客を確認し終えたバスガイドがいよいよ まんこを見せにきました
誘導の際に記憶したあの踵の靴とふくらはぎ…
その魅力的な足を目で追います
「カコッ コカッ カコッ コカッ!…」
(入れ! 僕の後ろに 入れ!)
願は 届かず ひとつ空けた個室に足が向きます
「ゆほっ… ばばん!」バスガイドのドアを閉じる音にあわせ 自分の個室のカギを開けます
「カシッ!」バスガイドがカギを閉める音にあわせドアを開けます
音を殺しバスガイドの個室の前の個室に入りゆっくりドアを閉めます
カギも音が出ないようにゆっくりスライドさせて… 最後まで閉めると音が「カツッ」と出たりするので 最低限閉めます
はやる気持ちを抑えて 下から見ます 先程から絹ずれの音は してました
もうしゃがんでる…女の一番隠したい部分が丸見えになってます
しかし うんとうんと我慢してるヒトが多く 出したいのにスグ出ないのか
「ちゅろっ ちょぼぼ…」くらいな排尿
「ぽちちょ…ぽちょぽちょぽじょぐあぁ〜〜〜〜〜」本調子が出た来たようで
激しく便器内のたまりに叩き込むような尿を噴出させるバスガイド
「みとみとみと…」やっと勢いが落ち こぼすような排尿… 
ちょっと片膝が下がり また深くしゃがみなおす…
「カソカソ カチ!」
タバコに火を点けた…ほぼ脱糞の合図だ
「音は しないくらいに細いが煙がスーと床面に這う女の呼気…」
綺麗な白い内モモの間に 当時だから伸ばし放題の陰毛が美しい
それは ちゃんと左右に別れてキチンと外陰部が露出するこの女の股間
大人の女性器たる形状まできちんと発育してあるそれは 濡れた艶のヒダを備え少し皺のあるクリトリスフードまで連なる 難を言えば変色が甘い事くらいか 便秘では ないのだろう健康的に見える茶褐色で艶のいい塊が下向きに伸びてくる、会陰は きちんとコチラに示すが肛門自体は あの縁がソレだろうくらいで あまりめくれ上がらないタイプの女だった 出てくるモノの太さは 指1,5本幅くらいか 肛姦がまだ一般普及してなかった頃だからそんなもんだろう
そんな硬くないだろうが お約束なのかオリモノを垂らしだす そしてほぼセットメニューともいえる放尿もはじめる この三点セットは 女の脱糞では かなりの確立で観る事ができる 
「じゅおっじょろろろろ…」最初に出た尿だけでは 膀胱内の全てではないのだ 我慢を重ねた膀胱 尿道は 一気に全てを出せない
「ぬしゃン!」肛門から大便は 出て落ちたが 小陰唇を伝うしょんべんは 切れきれず しかし 勢い増す事もなく「みちゃみちゃみちゃ…」と玉の滴になり女陰部からはがれ便器へ落ちる
オリモノと言われる粘液は 女の膣の入口にしがみついたまま離れようとしない… 
2〜3度肛門を出し入れする女 その収縮につられ膣の口も上下し 膣からの粘液は 切り捨てられた
「カランカラン ガゾッ」
紙を手に取り 小陰唇の内側に残るなにか湿ったモノ各種を紙に吸い取らせるように押し当てる 拭くというより 吸い取らす感じだった
それを落とし 新しい紙を後ろから回し肛門を拭く(今度は「拭く」感じだ)後ろに引くように拭くのでマンコも引っ張られるように後ろへと回り込むかんじ… 「ぽちょぽちょぽちょ…」まだ足りなかったのか 粒になった尿を引かれた小陰唇の間からこぼした
でも あまり気にならないのか 折った紙で肛門をもう一度拭き パンツを上げ(見えないけど)カエルのような仕草の脚でパンストを上げて 個室から出て行った 全く自分の個室の前の個室など気にもしないで 真っ直ぐ洗面台に向かい(手を洗って 製服の乱れをチェックするような動きをして)出て行った

そんな感じのバスガイドたちの排泄で僕は 発射オーライ!と無言で指示を受けました

特筆事項というわけでは ないのですが
ナプキンを捨てるバスガイドも多かった 眼前にひらいて見せてくれるまんこじっとを観察しても べつに生理では ないわけなんですよ
コレ 彼女達のおしっこを一杯に含んだナプキンで すごく重いんです
吸うと「じゅわっ」と彼女達の尿が容易に染み出します
容姿を見せ 秘めた股間の肉も見せてくれ おしっこの味までみせてくれるバスガイドも多かったですね
中には おりものもその上にトッピングしてくれてるガイドさんもいて(こっちのほうが美味しい)私のあそこに関する液体と臭いの全てを味わって…て
僕の発育途上なモノをカチカチにしてくれてました 
新しいナプキンで実験した事があるのですが 「じょろじょろ」と勢いを殺した状態でもあまり吸い込まない代物ですねアレ…
だから 彼女たちは 括約筋をくっくっと締めたり緩めたりして ちびちびと尿を漏らしてているんだろうなと想像します
走行中 「あちらに見えますのが…〜〜」なんて普通に言いながらも
下半身は 尿をちびりちびりと漏らしてるのかなぁ〜? それもまた楽しいですよね(´∀`*)

オススメ情報

年に2回の天国と地獄

2012.11.21 Wed

21:38:31



ココも今は ない というかトイレは 改装された場所
県境の峠に差し掛かる ちょい前の小さな街 そこにある24時間営業のお弁当屋(フランチャイズ)
普段は そんな場所どうって事ないのだけど
盆と正月 前後は さあ天国!て場所でした(´▽`)
その県の平地がずっと続いてそこから山を大きく超えないと横隣の県に入れない 当時 高速道路は そこまでで終わりで 必ずこのその県に行くには
この峠を越えなければいけなかった
普段は ぽつぽつしかお客は 入らない弁当屋だが 帰省ラッシュ時は かなりの繁盛 比較的広い店内に少ない店員 遅くなると一人だけ(おそらく経営者) 早い時間は 子供連れ家族が多く存分に愉しむ事がしづらい(まあ若いママは 悪くないが…)ので 8時越えあたりがまま良い
8時過ぎてもこの年二回の時期は かなり混み合う
やはり何もない山の中で排便は イヤなのだろう女性は 必ず排泄をココで済ます ココのトイレが変わってて 奥に向かい縦に和式二個室そのつき当たりに横向きに和式1個室のL型配列 もちろん僕は一番奥の個室にこもる
しかし それは掃除用具入れのドアにみえてしまうから よく知らないヒトには 二個室の和式便所にみえてたろう
日没少しして(子連れとそうじゃない人々との別れ目の時間) 早めに行きそっとトイレにこもる
あとは ドアの隙間からトイレに入ってくるのが男か女か?(男はどこででもできるせいかこの時期 ほとんど来ない) 女なら品定めするだけ
好みじゃなかったら見なくてイイわけだし 好みなら下隙間から見れば 下着を下ろし わざわざ性器をコッチに向けてしゃがんでくれる
個室内も明るくていわゆる丸見え系の和式だ
混み合うとその限りでは ないが 女は一番奥と思って僕のこもり個室の隣にほぼ間違いなく入る
まあ8時越えは めちゃ混みは ない

隙間から見て待つ 店内のざわめきとかが かすかに聞こえる
コツコツコツコツ だんだん大きくなる足音… 経験者なら分かる期待感
洗面台の向こうの入口から入ってくる女
(……よし!合格!)
足音は大きく響きなんのためらいもなく隣の個室に入る
「ぐひっ!ぱむっふ… カチン!… コッコッ」
便器を跨ぐ足音の時には もう床に顔を付けて待ってる僕
帰省でキチンとした身なりの女のスカートを捲りパンティーを下ろす音
待ち時間は そんなにない 何も警戒してない女は スグにしゃがんで僕の望んでる身体の部位を目の前に投げ出す
向こうの県から来た女は 我慢してここまで来たヒトが多く コッチから向こうの県に行く女は あまり排便意欲がないヒトが多い
この30手前くらいの女は これから峠に向かうのだろう
しゃがんで女性器を見せては いるがまだ何も出てこない
軽く波うった陰毛(縮れではない)は女性器上方には ややかぶさるがモモの付け根からその一番鑑賞したい柔らかな湿った肉ギリギリには 少なく良く見せてくれてる 小陰唇はツルリ系ではなく シワが入ってクロッチに触れてる部分は 乾いている 色はまだ濃いベージュくらい…
やがてシオシオとその二枚の襞の下の隙間から尿を便器に落とし その後勢いをつけて前方に放つ その力で閉じている二枚は 押し開かれ縁に触れた女の尿は 一部小陰唇を伝ったり 小さなシブキに変わったりした…

というような観察が延々と続く  盆の時期だと12時でもそれが続く
だから 一回の篭りで30人〜50人のマンコを見なくては いけない
最初は やはり興奮してしまう 自分でシゴいて射精もする
3〜4回射精すると もうあまり何も出てこない だからもうオナらず勉強の為に女の排泄を見る しかし中には とんでもなく魅力的な女がいたり 僕好みのグロい女性器を装備してる若い娘がきたりして 容赦なく目の前でそのブツを提示してくると つい自分の些細なモノをシゴいてしまう ほとんど透明でしかない少量の液体が「ピッ!」と出るだけ… それが7回目くらいか…
それからは よほど面白い状態を披露する美人じゃないと勃起なんて起こらない だが時間が許すかぎり 女が目の前に女性器を下ろしてくれるかぎり 見よう… そんな自分の中での決め事をして 頑張って見続けた
もう興奮なんて来ない ただただ あらゆる形状のあらゆる色合いの女性器から出てくる 色々なパターンの排泄を見るだけ…
参った… 超好みのオトナの女性が… 仕方なく床に顔をつけて待つ…
ヤベっ! まんこクタクタだし… 小便で小陰唇ふらふらさせやがって!
はぁ〜↓うんこまで出し始めた…(なんとなくチンコをシゴいてしまう…)
硬そうな糞をゆっくり体外に押し出す女…
硬い糞の直径で 内側から押されてチョコレート色にネズミ色を折り重ねたようなだらしない小陰唇が開いて 中の赤味が強いぬらぬらした柔肉を見せ始めたかと思うと膣口をポカンとあけやがった 入口付近のギザしわも見せつけて 透明に近いオリモノを垂らしてみせる… もちろんその上に標準装備の尿道口もこちらに全部提供して… ちょっと小さく口を尖らせたようになったその美女の尿道口を見てスグ絶頂を迎えた 半勃ちなのに… 逝ってしまった
出るモノは しれてるが…(><)とにかく快感がはしった…
もうゴメン もう耐え切れない女の排泄マンコを見るなんて…
そそくさと自分の支度を終え 退出…
女は まだ うんこをきばってたケド もう 無理、 見たくもない!帰りたい!

天国では あるが地獄でもあった そんな場所だった
見たくもないのに全て見れてしまう そんな有り余ったトイレなんて今じゃ考えられないよね… でもコレが現実だった

もうイイ! そう思ってても3日後には もう見たくなってたヽ(*´∀`)ノ
女の排泄大好き!! 

秘穴を見る為の秘密の穴

2012.06.11 Mon

22:02:46



昔の話だと 下に5cmほど隙間があって〜  とか
女子トイレとの間の壁の下に隙間が〜  なんたら
とあり 
事実 当時は そんなトイレばかりで僕自身もホントそういった構造にお世話になりました
でも僕個人としては 「隙間」より「穴」のほうが好きです
隙間だとコッチの気配を伺う女性もまま居りますが
「隙間が無いトイレ」というだけで安心感というか油断する女性が増える気がします 最近の洋式化には ホント不満ですが かつて隙間があり「隙間覗き」などの被害問題が出てリメイクされただけ…そんな和式トイレをまた再開発する… 
穴は上手に開けるとほんと気にならないヒトも多いようです
トイレでの女性器観察で一番問題なのは この道の初心者?かもしれませんね
上手に目立たず必要最低限に開けた穴を些細な理由かなにかで「拡張」してしまう誰かが一番困ります 拡大されたら向こう(女性)の目に止まるようになりついにダメになるスポットも出てきますよね

この場所もかつて下隙間がありました
ある日 トイレのリメイクが行われ 壁が張り替えられました
床面 便器 配列 その他は そのままです
まあ スーパーマーケットなのでデパートとかほど「当たりの女」は 出ませんが 
「綺麗な奥さん」や「夕刻からバイトに入る娘」の女性器は 見る必要性がありますよね('∀`) 
長く放置してたのだが ちょっとした買い物の際 近くの女子短大生(派手目で股が緩そうだがそそる感じの娘)がトイレに入って行く姿を見かけてしまった その後も何度か そこの生徒や仕事上がりのOLなんかがトイレに向かうのを見てしまう事になった
このお店のトイレは 下隙間がないトイレだから安心なのかな?
(あいつらの油断した自然状態の秘部見てぇ〜)
トイレ入口のドアを開けると男女別にまたそれぞれドアがあります
男側は 小便器3と個室1 リメイク前のそのままの配列 女子側もおそらくそのままの個室3の横並びだろう 男個室に入り壁を見る もちろん下隙間なし そして誰も手をつけてない
(穴 細工 無し)
壁材は 化粧せっこうボードのみ(楽勝!!ww)
別の日に 少々の道具を携えココに来た
気配を伺い 女子トイレに入り一番奥の個室に入る そこは男子個室と互い違いに向くが横並びにレイアウトされる和式
そこに用便の姿勢で自分がしゃがみ 自分の股間から金隠しナメで(もちろん高さも配慮)横の壁に 中サイズのロング+ドライバーで「ズドン」一枚目のボードを突く そこを起点に斜め前から女性器が観察できる角度を維持し軽く回転させながら二枚目のボードに通す 
これでパイロット穴(ガイド穴)はOK
気配を伺いそそくさと男子個室に戻る
男子個室側から穴を覗き見る… モヤがかかった感じで何となく向こうが見えるくらいな感じ…
コッチから 向こうのボードの裏のバリや石膏クズを−ドライバーで少しづつ穴が広がらないように落としてゆく
そして女性器の位置高さ等で視線を変える為の範囲は コッチのボードの穴を拡大して行う そんな作業の間に女子側に気配が… 作業の一切を休止 出ていくのを待ち 再作業… 
うん こんなモンかな
テストになる個体を待つ… 来た でもイマイチ見えにくい
修正して… また待つ  来た うん 今度はちゃんとマンコが見える
逆にいうと マンコだけしか見る事が出来ない 最低限度の視野
ただ その具合からオバサマだと思われる 拭く手で確認
…やはりオバサマだね( 。_。)  テストは終わり!マンコ用穴は コレでOK 
さて今度は個体識別ができるように顔穴を開ける
観察相手が個室に入ってから確認タイプは 位置出しが非常にむつかしいので
個室に入る前の… 入口ドア付近が見えるように コレも最低限開ける 小さい穴でも
距離があるから上半身くらい軽く見える
あとは 好みの女が見えた場合だけ下の穴から性器を見るだけでイイ
男個室で待つだけで女の容姿から秘めた部分まで全て見れる
女が「一番奥のつき当たり」と思ってる個室…の向こう側に男の個室があり
そこに変質者の目があるとも思わず 無防備に股ぐらを開き女陰と排泄を見せてしまう… 
…ああ無情(T▽T) 
だいたいの女が一番奥に入るようですね
あとは ボード上部のどこか端あたりにカッターナイフで傷を入れ 化粧紙を上手に少し剥いでおく 観察が終わったら穴のカムフラージュの為に貼る 穴は 女だけでなく男にも見つからないようにしておかないとイケナイ 穴を拡大されたら終わりになってしまうから… (T▽T)

「ガチャン」一枚目の外ドアの音で構える
「ギシャン」女子トイレのドアの音…顔穴にピタリと目を当て観測
仕事帰りのOLちゃんかな? 一応女性器を見るにあたいするだけの容姿
素早く下穴に構える
「ヒユフッ  ガチ!」個室のドアを…ロックしたね 入ったね(#^.^#)
穴のエッジにかすかに見える金隠しの上で陰影が動くと同時に絹ずれの音
スグにその娘の性器が穴の向こうに降りてくる
(……見えた!)
あは〜 愉しい!! 小さな穴イッパイにマンコだけが見える
何も知らず 無防備な性器から小便を吹き オリモノを垂らす娘…
コッチから全て観察されてるのに… お姉さん 気の毒ねぇ(*´∀`*)
とんでもない形状の性器じゃなかったケド 十分楽しませて貰ったよ アリガト♥

さて 今後どんなモノを見る事ができるのかな〜
醜いグロテスクな状態のマンコが股間に備わる美人が来ないかなぁ〜ヽ(*´∀`)ノ

祝 開通 (女日照り時代)

2012.04.15 Sun

22:37:02



苦節数ヶ月 ついに「待合室女子トイレ観測所」が完成した
レイアウトからいうと 男子個室と女子個室が向かい合せにあり
両個室とも側面は比較的大きな窓が備わる
横に広めで縦に短めの個室 もちろん和式便器
間は前記事に書いたとおり 石膏ボードにタイル張りのコンクリート無し
男子個室の正面壁左下の6枚分のタイルが脱着式(一体構造)
そこは 向こう向きにはタイル壁が落ち込まない構造で手前側にしか外せない
平素は 総入れ歯安定剤にて固定し目地は 白い小麦粘土にてカムフラージュ 
弱点は 目当ての個体が入ってから男子個室に入って観測支度をしたのでは
間に合わない事と夜の女子個室の照明や曇の日は まんこ付近が暗くなんとなくしか女陰が見えない事だった
しかし 太陽の力が作用する時間帯は 驚くほど明確にその部分が提示され
一番気になる小陰唇の形状、色合い、場合により見える膣口、尿道口、膣前庭部の色合いやヌメリ具合 陰毛の流れなどは当然で ほんの産毛の毛穴まで明瞭に観測できる 下隙間などない抜かりない設計のトイレだけに穴開通で
見えるモノは 最高水準
普段一番やりやすいのは 昼休みに個室に篭るパターンだった
速攻で昼飯をたいらげ 待合室の男子トイレ個室に入り 小型の強力吸盤を使い脱着式タイル壁の部分を外すと二枚目(女子側)の壁の裏に小さな光が見える この施工の際 最初に女子個室側から開けた穴だ 実際にはその後 目地に沿い少し長穴に加工し裏面の石膏は方サイド(穴左)を最低限剥がし視点の移動に対応するモノとした そこまで済んだらあとは男子個室のドアの隙間や上から男子トイレの入口ドアの模様の鋳込んだガラスを見て待つだけ
ハッキリと見えなくてもそのガラスの向こうを通る女子社員が誰なのかは 間違いなく判断できた 最悪でも靴を覚えれば後で特定もできるし なにより
何度も何度も見たので マンコを見れば誰なのかは 判るようになった
この観測所は 僕が転勤になるまでの7年間の間稼働した

開通最初に来たのは 経理の森山さん(当時25歳)だった
何度もシュミレートしたものの第一回観測は 緊張した
ガラスの向こうに森山さんが通り女子トイレのドアの音がする時には すでに穴に目を当ててスタンバイしてた 少し目が「スッ」として女子トイレ個室のドアが開いて閉まる音がした 開閉にともない空気が出入りするのだった
便器の一部と森山さんの仕事用サンダルを履いた足… なんのためらいもなくスグにしゃがんだ 計算どおり全く全てが見えた モモの内側と森山さんの女性器が太陽の力に照らされ スッキリなんの曇りもなく見通せた SEXの際の(森山さんとは いたしておりませんがww)室内照明で見るよりハッキリクッキリ見えてる状態 森山さんは特にいろんな感情をもって見てた女子社員では ないものの こう丸々女性器と
排尿と拭き取りの処理を見せられたらやはり
勃起してしまった僕だった 
昼休みだから仕事前に…って 連続になる訳で誰かもう来てノックしてた
森山さんもノックを返して 急いで出ていった
誰か確認してないがまた目の前に女性器を開いて排尿を見せてくれた
そんな状態で初観測は 一気に6コのマンコを見る事になった
(おわた〜!!…どれが誰のマンコかわからんバイ)
一番印象的だったマンコの靴は覚えた 割と細めの太腿の小柄な女性で
毛は上部のみに生えマンコ廻りやマンコ脇には何もないのだが そこからこぼれ落ちるように大きくはみ出す小陰唇とクリトリスフード…変色はなく 濃い肌色からベージュくらいだが とにかく膨らむような変形をした中身を溢れんばかりにはみ出さしていた それはビラビラした通常の女の二枚というより
カマキリの卵嚢のような印象でどこから小便が出てくるのか 吹き出すまで判断しづらかった ソコを押し広げて尿が縮れながら噴出し分かれ目が判断できた 拭くときに紙に引っ張られで分かれた内側が少し見えた
そんな印象的な女性器の持ち主…誰だろう? あとで確認したのだがコレは 意外だった…事務の楠さんのマンコだった とりわけ美人ではないものの 清楚な可愛らしい女性で男性社員に人気のあるヒトだった はてさて可愛い仕草表情に隠した あの中身溢れんばかりの不可思議な形状のマンコを股間に備えるのを知ってる社員がいるだろうか?
さて 後片付けをしてカムフラージュを… の時 待合室のドアの音
すかさず男子トイレのガラスを見る
黒い制服は 通常の女子社員ではなくショールームの…
長めのストレートヘアは 由里さんだ!!
一発目から この女のまんこが拝めるなんて!!もう6人も見て慣れたはずなのに またかなり緊張してきた 心臓がちょっと苦しくなり軽い嘔吐感すらでてきた
…が 見逃せない この営業所で僕が一番素敵だと思ってる女…由里の…
もう穴に目をつけてる しかしドッキンドッキンだ 
ほどなく個室の閉まる音 あの美しいハイヒールが便器をまたいだ
絹ずれの音… 「カツッ」スタンスを変えた由里…しゃがんだ!!(@_@;)
あああ〜コレが 僕が憧れてる女 由里の下半身、性器〜〜〜〜
夜中のロッカールームでコレの味や臭いは知ってるが 目の当たりにすると…
もう たまりません ああああ〜由里〜由里〜!!
所長が使用してるなんて噂があっても 関係ない!僕は由里のマンコが見たくて舐めたくて 挿入したくて 射精したくてたまらないんだから〜!!
初めてその由里の…やっとその由里の性器を見る事ができた
もう最高!! 相変わらず鼓動が激しいが シッカリ見定める
陰毛は 特に手入れしてなく自然な生え際 縮れ少なめな感じ 上部は全て上向きになってやや多め マンコ左右は 控えめに生え下向き 後で拝む事になる会陰部分にも少々備わる マンコ自体は 期待したグロマンではなく 通常この年頃にふさわしい小陰唇のハミ出し具合に少しだけその先端が黒く変色はじめたくらい クリトリスフードは ツルリと張った感じで少しだけクリトリスを覗かせる 合わさった二枚のビラのせいで中身は見えない
観測をつづける… 尿はまだ出てこないが会陰の付近が伸びだして 肛門の廻りが尖って盛り上がる それにつられビラの下方の合わせ目が開いてきた
その肛門付近の皮膚が濃い肌色から薄いピンクくらいに引き伸ばされその先端からこの女の腸内に溜まったモノが出てきた 残念ながら音は聞こえない
あまり硬くなさそうだが柔便でもない きちんとコブコブになったツヤのある大便で太さは 指二本くらいで太くはない 大便は まだ出きってないが「しょろっ」と小便が出た それを皮切りに「じょじょじょじょ〜」と
陰唇の縦幅一杯に やや下品な小便を出した おかげで粘液かなにかで張り付いてた二枚の肉のヒダが「パカリ」と別れて中身を太陽光の下に見せた
クニクニしたピンク色の肉…下部に水平な感じに口を開ける部分が由里のチンコをくわえる穴だろうその上クリから1cmくらい下に少し盛り上がった部分があり そこに箸で突いたような穴…あれが由里の尿道口だろう…
ウンコは そんなに苦労せずに「スルスルッ」とあの肛門から抜け落ちたが
そこには まだギザギザに切れた残りの大便があった 肛門を数回上下に締めて 由里はソコを拭きにかかった 壁の左下にこの施工を施したのは 右利きが多いからで 拭く際にコッチ側にまんこや肛門をひらく女を期待したからだった その想いどおり由里は 肛門 会陰 マンコを十分にこちらへ向けて 紙で拭く仕草を見せてくれた

由里が立ち もうその下半身が見れない事が分かった時点で用はなくなった
あとは 今さっき眼前で見せて貰った事 由里の排泄の行為全てを見た事などを想いながら硬くなったモノをシゴくだけだった
あっけなく射精に至ったが何度も何度も脈うって 腹の底から精子が出てきた
由里がトイレから出ていくその前にもう 射精は終わってしまってた

もう一つの仕事 (女日照り時代)

2012.04.13 Fri

14:09:05



展示会の時などお客さんの車を移動させる事もあった
赤い新型のワーゲンで来たお客様がいた
とくべつ美人って訳じゃない感じなのだけど…なんだろう ものすごくムラムラさせるような…
なんかよく分からないけどものすごく魅力というか…遊びで生殖活動をしてみたい そんな感情をいだかせるような印象を持つ女性だった(24〜25歳くらい?)
過去にも魅力ある女性の客の場合だけなのだが 車の移動の際少し調査したりしたことがあったのだが この女性ももちろん僕のターゲットになった
今までめぼしいモノなんてもちろん見つけた事はなかった
バッグや貴重品なんかは 手に持っていく訳だし…(貴重品など興味もないが)
なんて事ない木綿の(可愛い絵柄だったが)巾着袋がグローブボックスにあった 
当然のように中を…ナプキンと下着が ブラはなくパンティーだけ 洗濯前のヤツ
しかも少なくとも脱いで数時間とたってないように思える湿りだった
良く調べる必要があったが車のキーは届けないといけない
素早くポケットにそのやや重くなってるパンティーを入れドアロックをかけずに戻って
お客にキーを返した その魅惑的な本人の生パンを手にしたままに…
その足でトイレに駆け込む
そのちいさな布を開いて調査する クロッチの染みはもちろん通常に女の
性器から分泌してるソレだが それ以上に重めに感じる水分は?
全ての感覚器を使い 臭いや味、色、粘度、 その他を調べる
女の小便の味や臭いは ずいぶん知ってる それではない事は確か
つまりそれは クロッチに通常染みをつくる分泌物ではなく 同じ場所…女性器から分泌するが女が性的に興奮した時に出てくる分泌液であった
それはレディコミや小説を読んでて出たのか 自らの指で興奮して溢れてきたのか 
あるいは上司のパンティーの上からの執拗な指使いに参らせられ分泌してしまったのか 
その理由は分からなかったが あの性的魅力溢れた女の性器から溢れてきたモノに違いはなかった
舌、鼻で十分に味を官能(女に飢えてる時は なんでも美味い)した後 
僕の最後の感覚器である「ペニス」で調査する
あの女の声、容姿、指 身体を思い出しあの女の性器から分泌した複合した分泌物で包む
そんなに時間は かけられない 素早く確実にその分泌物に精子を加算する 腰が軽くなった分重くなったあの女のパンティーをまた車に戻し
ドアロックを掛けた   

残業の女子ロッカーの情けない楽しみと同時期に進めてた
もう一つの仕事があった
会社には待合室があったがそんなに使用してなかった 
事務の女性はココにあるトイレを使ってたのだが 時折ショールームレディもやってくる 
もちろん通常 彼女達はショールームに備わるトイレ(洋式)を使うようだが
工程に時間のかかる作業(脱糞や膣内の生理用品の抜き換え)の場合
待合室のトイレ(和式)を使ってると予測できた
なので「九州トイレ覗き男児」としては ココをなんとかしたかった
もちろん男用と女用は別々のトイレだが
タイル張りの壁は 叩くとブロックなどのコンクリートが間にない音をさせる
僕には建物の知識はないが どうにかなりそうだった
誰も居ない夜の会社で工務店をはじめた僕だった
まず女側と男側の位置関係を調べ女側から一つ穴を開ける 便器を跨ぐOLやショールームレディの股間がきちんと見える位置、角度に極最低限の穴を
タイルの目地に開ける
続いては 男側…タイル6枚分の壁を脱着式にする為に奮闘
色々な事の合間合間に進めたので完成まで数ヶ月…
まあ 目地に沿ってノコを入れ 途中で止めなければイケナイので
その間のカムフラージュもいった タイルの裏面の壁から出る石膏ボードの
粉の掃除も結構タイヘン
とにかくみつからないように進めた
映画「大脱走」を思い出したりしたヽ(*´∀`)ノ
とにかくあの女どもの湿った陰肉 他人にみせられない行為
排泄する下半身を見たくて頑張った
女側に入る この便器をまたぐ女を想像して 早く完成させたいそう思い続けた
待ってろよ〜!OL ショールームレディ! 僕がシッカリ君たちの女性器と排泄と生理の期間を観察してやるからな どんな醜いありさまのソコでも僕は ぜんぜん君たちに幻滅は しない
イヤむしろ そうであってもらいたい
日頃見せてくれる素敵な姿と裏腹な醜い秘肉を目の前で開いてほしい!! 

close