無料
エロ
動画

九州 女子トイレ覗き 妄想 と 成長 |

実際にすると犯罪です 頭の中で描いて オナしてスッキリ 性犯罪軽減になると信じてます

情けない楽しみだけど

2012.03.25 Sun

20:52:37



今日 街でイベントがあって車が駐車しにくいから 僕んとこに車止めさせてほしいと
年下のトモダチから連絡があった
別にどうって事なかったからOKを出した
そいつは 若い嫁さん(数回会った事がある)と来た
「動かすかもしれんけ カギ貸しとって」とカギを預かって
タクシー拾うって言った二人を僕は 車でイベント会場まで送ってあげた
そのイベントを見終わったらタクシーかなんかで僕んとこに戻ってきて 
二人で温泉につかって帰るのだという
綺麗系の嫁さん…素地は「エビちゃん」に似てるがあまり派手は好まず清楚な感じの格好
二人を混雑ぎみの会場に送って 戻った
僕にはする事があった 
そいつの車を開けて探す
あった… 着替え…
トートバッグみたいなヤツの中の バスタオルの下…
ブラジャーなんかどうでもよく まだ子供を産んだ事のない奥さんのパンツを取り出す
自分の事務所に戻り戸締りして その布を開く
普段使いのパンツ 木綿の(でも僕はそれのほうがとても好き)
本当は 脱いだあとの臭い湿ったのがイイのだが仕方ない 
洗濯したあとのモノだが普段から使ってるヤツだから洗っても落ちない薄黄色い
優子の染みがクロッチにキッチリついてた
強烈に臭いを嗅ぐが…染みとは裏腹に洗濯洗剤の香りしかしない
その染みに舌も這わすが同じ…優子のマンコの味はしない
履く前のパンツだからしかたない(´・ω・)
クロッチの染みに亀頭をくるみ オナる…
我ながら少し情けない 本当は優子の膣に挿れて子宮めがけて思いっきり射精したいのだから…
しかし情けなくとも気持ち善くなってしまう…
逝きそう…!!
いくら今日がポカポカ陽気でも僕の精子全量をこのクロッチの染みに重ねて出したら 
優子がこのパンツを履く時に異変を感じるくらい湿ったままだろう
ティッシュを用意し逝く瞬間 優子のパンツを外してそこに出した
膣外射精ならぬパン外射精(これも情けない (T_T))
亀頭を包んでたクロッチを開いてみると 染みの上にカウパーがついてた
射精後の亀頭を優子の染みの付いた布で拭き 少し足りなかったので
ティッシュに出した精子を適量 優子のマンコの染みにさらに重ねてすり込んだ
まだ1時間は 戻らないだろう バレないように少し乾かして
元通りにたたんで 元の場所にキチンと戻しておいた
しばらくして手土産を持って二人は戻ってきた
タイトなジーンズを履いた優子がしゃがんだ 土手の盛り上がりがクッキリ感じられた 
放尿する…脱糞する…優子の股間を連想した あの染みが今まさにそのタイトなジーンズの下で分泌されてる事も想像してしまった
別に惚れてるわけじゃない 犯せるなら犯したい ただそれだけの美人ちゃん
あれっぽっちの乾いた精子じゃ妊娠なんかしないけど
今頃 僕の精子をマンコに当てて過ごしているか…と思うと少し楽しい

でも チト情けないねぇ〜(T_T)
皆さんこんな情けない僕をどう思いますか?





オススメ情報

バイト先は…

2012.03.23 Fri

23:35:40



二日ガマンした(三日は無理だった)濃い精子を先生の膣に注ぎ続けた1ヶ月と少しの期間
先生の生理が止まって もう逢えなく(犯れなく)なった
普通の娘とSEXしても膣内射精は させてもらえなかった
そんなSEXで満足する事は できなかった 足りない満足は 女子トイレで補うしかなかった
デパートが一番 質の高い女のマンコが見れたが そう毎日だと怪しまれそうで 少し「良質」の割合が落ちるがスーパーなんかにもよく通った
小遣い稼ぎにバイトもした 色々したがこの頃は スーパーのレジ打ちだった
忙しい時間帯は さすがに無理だったが そこそこの時間帯は キレイな若奥さんや可愛いコがトイレに行くと必ず見に行った
夜の繁華街と並行した通りの商店街にあるこのバイト先は 当時としては深夜(11時)まで営業してた 若いホステスなんかもママから頼まれるのかちょこちょこ来る 店で長くトイレに入れないせいか ここで大便をする女も多い 夜の街の女…綺麗なのか分からないが綺麗に見えるコも多かった
ココに来る女の好みから言えば 帰宅途中のOLさん 清楚な若奥さん の次の存在でしかないホステスだが 酷い外観でなければ熱心にその股間のモノを見た
ある日10時過ぎに自動ドアが開き夜の女が来た
一目見て分かった 中学で同級生だった女「由香」だった
けっこう金持ちだったのだけど 親父さんの会社が倒産した噂は聞いてた
当時から美人系の娘だったが 夜の女の姿は 同級と思えないくらい大人だった 
レジに立つ僕に気づかずトイレに向かった 他のレジの人(大学生♂)はそれを見てない
「ちょっと便所(タバコを吸う真似しながら)イイすか?」と僕
「はいはい〜わかった〜」と真面目な大学生
階段下に共同のトイレがあった 由香はもう個室だろう
表の扉をそっと開けて入って(内カギを締め)スグに床に顔をつける
もう 勝手知りたるバイト先のトイレ 一瞬で由香のマンコを眺めるられるポジション
ほほ〜コレが由香のアソコか〜 
本来同級生くらいの女に興味はないが今夜みかけた由香は 魅力的だった
18歳のオトナびた格好の由香 毛はシッカリしたものだがややまばら
その下には 十分に発育し変形肥大も し始めた小陰唇が垂れてる ただ惜しいのは
その色合いがまだ肌色に近いベージュくらいでしかない事
それを震わせながらバラバラと散るような小便を撒いてた
同時に会陰が盛り上がり その少し後ろから 艷やかな焦げ茶の糞が出てきた
小便は勢いを落とし小陰唇に引っかかり腿の付け根についた
違う流れは 尻の方へ廻り尻の先から便器へ滴るモノと その艷やかな茶色い由香の糞にまとわり落ちるモノがあった 
「プツプツプツ…」少し弾けるような湿ったような音をさせながら
由香は腸内の汚物を体外に押し出す だがまだ切れない
音を殺して真後ろから見れるポジションに移りさらに観察する
肛姦は未経験だと思う由香の肛門が由香なりにめいっぱい開いて固い茶色い塊を出そうとしている その糞に引き伸ばされた由香の肛門の皮膚は ピンク色の薄い膜のようになってて なにかキッカケさえあれば 一瞬でパツンと切れてしまいそうだった カッターナイフの刃をチョンと当てるだけで パツン!! そんな感じ('∀`)
前から見えるポジションにまた戻る
わお!由香のマンコは 開いてピンク色の中身を見せてた 下のほうにある喉みたいな所が由香がチンコを味わう口だろう
同級生のマンコなのにワクワクさせるぜコレ
「ムツムツムツリッ… ポション」とうとう由香は便器に腸内の汚物を落とした
でも まだ足りないのか 紙も取らずにそのままの姿勢…
ゆっくり会陰辺りを上下してる 開いて中身を見せてたマンコは 閉じてた
肛門辺りを「ぐっぐっ」と締める感じで動かす
「つ〜」体外にはみ出してるベージュ色のヒダの間から白い粘液が垂れてきた
切れないでぶら下がったまま 精子じゃない… 由香のオリモノだ
由香の呼吸なのか切れないそれは「ふるん ふるん」と揺れてた
「がたがらららら…」紙を巻き出した オリモノはぶら下がったまま
拭く時に紙を持った由香の親指の付け根にその粘液がついた…
(まだ見たい でも… ここまで!!)
そっと外ドアを開けて出てレジに立った

横目でトイレを見てたら 由香が出てきた
店内で豆腐と冷凍の枝豆を取りレジに来た
「由香ちゃん? 覚えちょる?俺!」
「ああ!○○君!? バイトしちょると?」
「うん」
「由香ちゃんは?」
「働きよる」
「じゃまた」
「うんありがとう」
あんなにシッカリありのままを見せてくれて…
コッチこそありがとうだった
見られてた事ぜんぜん知らないで さっきあんな糞してた事も
股ぐらに粘液ぶら下げてた事も 小便まき散らすマンコを見せた事も
全く知らずに由香は店外へ出ていった

清美先生 お幸せに…

2012.03.21 Wed

13:59:29



先生の運転する車がモーテルに入り部屋に入った
SEXする=妊娠する 男の精子を女の膣で放出する=妊娠する
知識として知ってた事だったが頭の片隅にしかなく
単にSEXは 快楽の遊びとして行なってた年頃に 
先生は 赤ちゃん(僕の)が欲しいと言った
それは 「お別れ」が済んだ後にも続いた
町境のモーテルに入り先生の「本気」を聞いた
いままでコッチの願望(快楽)で先生の膣や肛門にチンコを挿れてた それが今度は 先生の願望(妊娠)で行う… 行為そのものになにか違いがある訳ではなく むしろ膣内で逝ってしまえる分楽しいはずなのだが 役目があるとなると少し緊張してしまって… 僕のモノがあまり硬くならなかった
(どうにかしなきゃ)そう思うほどに不全となる僕のモノ…
察した先生が口で…あったかく柔らかい感触にフネッてたモノがやる気を出しはじめた
先生のその目的ある生殖器に手を伸ばして触れてみる 先生のほうは もう完全に準備できていた したたるほどに粘液を内側に溜めていた
「清美ちゃん…」
その一言でくわえていた口を外して脚を開き僕を受け入れる体勢をとった先生
先生のソコに先っぽを当てて腰を進める
「ぶじゅるるっ…」ほぼ なんの抵抗もなく付け根まで沈んだ
しばし 腰を振るがどうにもヌメリが多すぎて抵抗がない 先生も「あっあっ…」とは いうもののあまり感じてないような…
次第に気持ちが落ちてきて(受精に対する僕の不安もあったと思う)快楽に浸れなくなり萎え気味に… (…ダメかな…俺…)
自分の気持ちを高める為に先生の肛門に指を挿れていく
「ああ〜!! あんっ!!あ〜!!」僕の気持ちも上がったが先生のほうがもっと上がったみたいだった(僕も遊びのSEXにモードが切り替わった)
そのぬるま湯みたいな膣から抜き一つ下の窪みに当てて押し入れる
「ぬるるるっ…」十分に濡れたチンコは 1年と少し僕から広げられた肛門にきわめてスムースに入っていく 他の女の膣ていどの抵抗…
自分(僕)のペースに戻ったSEXは やはり気持ちがイイもので またキンキンに硬度が上がった 普通の男女が膣で行うように肛門で性行為を楽しんだ
先生も善がり 僕も奮った 快楽に興じてても本来の目的は忘れていない
「逝く時は…あっ! フツウの…」先生
「んっんっ… わかってる…」僕
十分に肛門をちんこでかき回し まんこも指でかき混ぜ 時折乳首もひねった
もう破裂寸前だった
「ううっ清美ちゃん…」
「前に…」
素早く直腸から膣に抜き変える 快感は薄かったが腰を押し付けたまま付け根を軸に「のの字」に動かした 
「逝くっ逝くっ逝くっ…」自分に暗示をかけるように僕は言う
「ああ〜!!逝って 中で逝って…」先生
ちんこの先が子宮口のつるりとしたコリっと感のあるモノの周りを動くのを感じ 射精した
腹の底から精子をあます事ないほどに射精した 先生の膣の中で何度も脈打った 絞り出すように(僕の意思と関係なく勝手に)精子が出た
抜かずにそのままの体勢で抱き合いしばらく時間をおいた
僕のが萎えて抜け落ちる… それを合図に身体を離した二人だった
生殖の時間は終わった 先生はアソコを拭かずにパンツを履いた
身支度を終えモーテルから出て送ってもらった

次の日は なにもなく
その次の日に先生から連絡があったが都合がつかず
あくる日に逢う事にし 同じようにモーテルに行き先生の膣に精子を残した

本気を出した先生は 真面目なだけにすごかった
その次の生理が来るまでにだいたい2〜3日ごとに生殖をした
忙しい時は モーテルにも行かなかった事もあった
学校が終わって近くの大きな総合病院のトイレで後ろ向かせた先生のスカートをまくり上げて
パンツだけおろしてもらって膣に射精した
これは 簡素で短時間なのになぜか興奮した 口や肛門の補助なく膣だけで逝けた 
互いに声を押し殺し着衣のままその部分だけを繋げて その部分だけで互いの存在を感じた 先生なんだけど後ろ姿だけ… 顔のない女を犯す
感じるのは 湿った肉の穴に入ってる自分と太腿の付け根に感じる女の尻の肉の温度 時間もあまりない時だから自分のタイミングで(一応逝ってイイ?って声はかけたが)29歳の婚礼直前の女の膣に精子を送り込む
僕はこの犯りかたがとても気に入ってたがなんとなく伝えれても「愛」が薄そうだったそれを望む事は言えなかった 忙しい時だけの楽しい行為だった
先生のパンツは下ろしてるだけより片足抜いてもらったほうがやりやすかった

先生はいつも精子を膣に受けたあと拭かずにパンツを履いた

最初は緊張した本来のSEXだったが楽しくなってたある日 先生が来ない(生理が)事を僕に告げた それから電話の数も減り なんとなく離れていった


ある日 高校を卒業し専門学校生になってた僕は 隣町のスーパーで背広姿の男と買い物をするお腹の張り出た先生を見た
髪の長い細身の先生は 余裕のある白いワンピース姿だったが
乳房の下のお腹は大きく 薄い底の靴で身体を重そうに歩いていた
声は かけられなかった そっとその場を離れた
あのお腹の子が僕の…なのかは分からない でも もしそうだったのなら
これが僕にとっての初めての子なんだと思う 世間的には父親ではない僕だが
生物学的には父親なんだと思った 
先生と結婚も所帯を持つ事も望んでなかった僕だが 少し複雑な気持ちになった 

まいった

2012.03.17 Sat

11:03:06




すみませんm(_ _)m

記事の続きが上がらないと怒らないでください


今 問題(女性問題)が浮上して離婚騒動で参ってます

僕としては 離婚はしたくない

さて どうやって家内をつなぎ止めたらよいのでしょう(T_T)

遊びのSEXと本気のSEX

2012.03.13 Tue

01:32:10



色々面倒になるような気がして 現状維持でいこうと思った
キスをしながら とりあえずGパンを脱がし 上をはだけさせ
僕もシャツを脱いだ 
指で真由美のまだ誰も入った事のない部分を刺激する
どんどん どんどん その部分からヌルヌルが溢れてくる
ほんと小さな(感触で)クリトリスを刺激…
「いたい…ちょっと…」真由美がこぼす
「あ ゴメン 強すぎた!?」僕
処女は 苦手だった 心の部分も身体の部分も気を使う事が多い(やっぱり現状維持だな〜)
土手の間の奥気味に挟まったように存在する薄いペラペラな小陰唇を軽くさすって
ほんの浅く膣口に中指を入れたり出したり 反応は 薄い…
溢れてる分泌物をすくうようにして指に貯めて 会陰を越えて一気に肛門を指の腹でこする
「あうんん〜!」やはり反応が良いように感じる
1関節まで挿れてみる この前と違い押し戻されるような感覚がなく
「にゅるん」といとも簡単に入る というか飲み込まれる感じ
そのまま2関節まで進める 指先に薄いツルンとした直腸内壁を感じる
出したり入れたり… やっぱり感じてるみたいな真由美
「むにゅるっ むにゅるっ」と弾力のある感触が楽しくて僕は勃ってしまった
「ねぇ… 少しナメて…」と僕
嫌がらずに口にくわえてくれる真由美 イイコだ
真由美は さっきみたいにフェラチオをするのだと思ったみたいだったけど
僕の硬くなったモノが真由美の口で湿ったらそれでよかった
スグに離れて正常位の体制で その本来 排泄に使う穴にあてがって「ぐっ」と押し込む
「むぬるるるるっ」たった一度通しただけなのに もう簡単にはいれる…
善がる感じではなく 我慢するような「いーー!」と声を漏らす真由美
明るいままの部屋 薄く陰毛をまとった 割れ目に挟まったような薄い小さなピンク色の小陰唇をみせてる処女のままの性器の下に僕のモノが入り込んでる様が見える…
さすがにオトナの女性器が好きな僕でもヤバい 
そこから目線を外し ベッドの宮にあるボタンなどを見ながら腰を振る
真由美に覆いかぶさってさらに腰を動かす 僕の陰毛の生えてる辺りから上辺りに真由美の濡れたマンコの感触… マジやばい 気持ちイイし興奮する
処女なのに肛門は男の味を知ってる…なんて考えるだけでやばい
この前 族のOBにヤキ入れられた事を思い浮かべて興奮を下げる
「あは〜ん あん あん…」普通に膣でSEXしてる女のような声を出す真由美
「熱い ○○君のが あん… 中に… お腹の中熱いと〜」
真由美がそんな事言う…たまらん
「ぬぷすっ! ぬぷっ! ぷすっ!」
また 音がその…  やばい
もう 耐えれなかった いろいろ自制するSEXで少々自信があったものの
この条件では 抑える事ができなかった もう真由美の事なんか考えてあげられなかった 一度射精したにもかかわらず 5分と持たなかった気がする
奥に…といわず 真由美の腸内で動きながら漏れて射精してしまった
女子高生の身体も悪くなかった イヤ気持ちよかった 真由美は肛姦の素質があった…(*_*)まいった 二コ下の小娘の穴に完全に負けた

次の次の日(火曜)「もう逢えない」 と言ってた先生が電話してきた
僕の中では もう 過去のヒトとなってたが その日のうちに逢う事にした
車で迎えにきてくれた先生
「どうしたと?清美ちゃん」と僕
「お腹空いてない?」先生
「うん 家で食べた」僕
「じゃあ…」先生
車を走らせる 5分くらいの隣町との境目あたりのモーテルに車を先生は入れた
「…Hすると?」僕
「…本気なんよ」先生
「結婚するとやろ 彼氏さんと…」僕
「うん もう決まっちょる」先生
「じゃあ イカンじゃろ?」ホントはそう思ってない僕
「本気っちゃかい」先生
「なんが本気やと? 僕とは結婚せんちゃかい なんが本気とね?」僕
「……赤ちゃん」先生
(マジかよ?)
「あなたとの赤ちゃんがほしいと…この前言ったでしょ!!」先生
「ホントに!? ヤバくねぇと?」僕
「大丈夫… お願い…」先生
その夜の先生は 迫力があった 断るスキがなかった 断る理由もなかったが…

close