無料
エロ
動画

九州 女子トイレ覗き 妄想 と 成長 |

実際にすると犯罪です 頭の中で描いて オナしてスッキリ 性犯罪軽減になると信じてます

クラスメイト

2013.08.18 Sun

14:39:02



お久しぶりです 今回の出来事は 
九州に引っ越してからの 小学高学年 中学 高校と同級のヒトです
まま 好きだったんです もちろん初恋では ないのですが
高校は 同じだったのだけど僕は 他の場所で精子を出してた時代だからそんなに思い出は ないです 
中学当時は 違う同級女子のお母さんと肉体関係があった僕ですが 小学高学年時に この娘は 大人っぽくて好きだったので 時々校内でこの娘で勃起してしまう事があり 便所で抜いた(自分で)事がありました それは 中学でも同じでした
この娘の排泄シーンは 見た事は なく純愛に近い感情だったと思います  

SNSでつながりました 忘れてたいろんな感情が蘇りました
昔は携帯のやり取りで浮気がバレるなんて事よくあったと思いますが
今は 契約とか経費とかすごく簡単な時代だから ほとんどの女が携帯を送りつけてくる 今は 自分のと別に3本あります
このヒトもSNSでつながってしばらくして 送ってきました
メールのやりとり 時々の電話
「逢いたい」そう言ってきた彼女でした 東京に住む彼女は 夏に帰省するのだという 子供達は 実家に預けて逢いにくるという
そして逢いに来た 電車の駅まで迎えに行き 宿まで送った
3日間こっちにいるという チェックインも早い時間 でも僕の街だからそんなにウロウロできない 部屋でDVDとか流しながら話をした
おジョーだった彼女は 思ったとおりピアニスト(でシンガーでもある)になってた とびっきりの美人じゃないと思うのだけど その服の着こなし身体のサバキからとても美しく感じる それなりの生活レベルの男と結婚して僕などと違う生活を送ってるのが感じられた ベッドに腰掛てDVD… どうなるかは わかっている DVDなんてそっちのけ 唇を重ねる柔らかな夏用のワンピースの上から乳房を… 抵抗は ない 何度も唇を重ね 僕の指が彼女の下腹部へ…指先が感じる帝王切開のあと そこから下がって小さなシルクの布の中へ…
「あぁっ! ねっ! ちょっと… ゴメンなさい シャワー浴びさせて…」
ほんとは シャワー前が僕はイイのだけど 初めての日… クラスメイトの気持ちをたてて 
「うん…」と少し身体をねじった僕

シャワーを終えた彼女がバスタオルを身体に巻いて出てきた
ベッドに軽く押し倒して 間髪をいれず片ヒザを押し上げ柔らかな肉ヒダに舌を通していく 
「あっ! イヤっ! そんなとこ… ああっだめぇ〜 あっあっ…」
そんな言葉無視して続ける僕
想像通り肥大も変色もない小さなヒダ 少しつまらない外陰部 フードごとクリトリスを口に含み舌先でクリトリスをなぜて様子をみる…
ちろちろ細かくより「つぅ〜〜っ」と長く舐められるほうが反応がいい
長ナメしながら 膣に中指を沈めてゆく 
んん〜?すごく狭い… 膣上壁と下壁がすごくせっていてとにかく狭い…
膣内壁にポコポコ皺が無数にあった 中指をそ〜っと奥に… クリトリスの裏側に向かって進めていく…
「痛ぃっ…」小さく声をもらす彼女
そこでその行為をやめて 舌だけで進めてみた
彼女の小さな女性器は それでもずるずると粘液を垂らしはじめた
(もういいかな?挿れちゃえ!)
体勢を変え正上位で そこにあてがい押し入れていく
・・・・やっぱり狭い
ゆっくり ゆっくり 進めていき僕のモノが中程まで挿った時
「痛っ」と彼女…
そこでまた休ませて少しづつ少しづつ膣を亀頭で押し広げていく
なんとか付け根まで挿った ゆっくりゆっくり…処女とヤるあの動きでこなしてゆく なんとなく彼女も感じだしたので 僕も少し速度を上げて自分が逝けるようにしていく ちょっと刺激が足りないので親指でクリトリスを押し動かし乳首もつまんであげた 
「んあぁ〜〜〜っあ」急に声がたかまり 妖艶な表情を彼女がみせた
なにも言わずにそのまま中に精子を出した
彼女は 強く抱きついてきた 何度も何度もキスをされた


「下のコが 生まれてずっと主人と無いの… 無かったの… それでも平気だったのよ 仲もいいし、優しいし… でも あなたを(SNSで)みつけてから 女の私が顔をだしたの… 抱かれたいって思ったの…」そう言った
「うん」僕
「わたし 男のひとにあんなところに口をつけられたの初めて…」
「イヤだった? キライ?」僕
「・・・恥ずかしかった すごく… でも どうにかなってしまいそうになったの… イヤじゃないわ… 怖いけど…」
「どんなSEXしてたんだ?今まで?」僕
「えっ? 普通よ 大学時代の彼も 主人も」
「…もっと開放してごらん 気持ちを 開放してごらんよ僕がいるから」僕
「・・・怖いわ」
「大丈夫だよ」僕
これが 初日で1回だけ 夜は 僕は自宅に帰り 通いで あと2日間 彼女に精子を何度も注ぎこみ続けた
2日目は 最初だけ 子宮のちょい手前がキツく痛がったがキチンと中に精子を出して 2回目以降は きわめてスムースに出入れできた 彼女もうんとうんと悶えだして 愉しくSEXできる膣になった その日の最後には 彼女も逝けた
「逝ったね…」僕
「うん ずっと前に一度こんな気持ちになった事あるの…」
「そうか もっと何度も何度も逝ってほしいよ 開放しなよ 自分を…」僕
「怖いわ どうにかならないの?」
「大丈夫だよ 僕がぎゅっと抱きしめておくから…」僕

3日目
「ねぇ 口でされた事なかったって言ってたけど… シたことは?」僕
「あるわ なんだか義務的に…」     
「キライかい?」僕
「う〜ん… でも○○君(僕)のなら…」
「飲んだ事ある?」僕
「え?口に出た事なんてないわ」
だまって彼女の前の愚息を差し出す…口に含む彼女… しばらくつづけさせ
不意に彼女の股間に口をつけて舌を暴れさす
「・・・・・・・・・・!!」
しばらく続けて 口から引き抜いてもう十分使えるようになった膣に一気に押し入れる すぐに逝った彼女をゆるさずそのまま腰を振り続ける
子宮の入り口を押すように亀頭で刺激もする
「ああ〜〜〜〜!! あぁっ! かはっ!… 」呼吸がちょっとの間止まった彼女…激しく痙攣してる
(むっ?ヤバイか? あっ ふきかえした)
それを見極めて 彼女の中深くに精子を放出した
抜かずにずっと抱きとめてあげてた
5分か10分か…彼女が「さっきのが69っていうやつなの?」
膣に挿れっぱなしで話す
「そう」僕
「すごく 刺激的だったわ」
「俺ね ほんとはね お前の全部の… 口とアソコと…お尻の穴にも 精子を注入したい 俺だけのお前にしたい…」僕
「お尻?」
「うん お尻の穴に入れちゃうの僕のを…そして僕はそこで果てるの」僕
「…もう わからない わたし…○○君にわたしを全部ささげるわ…」
挿れたまま 彼女を上に乗せ 彼女の肛門を刺激してみる
表面を刺激するたび膣が きゅっ!きゅっ!と収縮する
でも いざ指を挿れはじめるとなかなか難しい すぐに肛門にチンコが入るコもいれば 解きほぐすのにものすごく時間のかかる女もいる このヒトの肛門は 簡単に使えるものでは なかった 今回は無理だと思う…だから出来る限りイヤな記憶が肛門に残らないように刺激を繰り返した 次に繋げるために…
「…今回は ちょっと無理っぽいね」僕
「・・・うん」
そうこうしてるうちに膣に刺さったままのが力強くなりはじめた
「ねぇ… 変に思わないでね… わたし… ○○君の飲んでみたい」
「大丈夫なん? 不味いぜ… ニガイよ…」僕
「大丈夫と思う ○○君のだから… 飲んでみたいって思ったの…」
膣から「ずるりっ」と抜いて 一応シーツでサッと拭ってから
彼女に身をまかせた
口にそれを含み彼女は 頑張っていた 彼女の髪が僕のふとももを優しく撫でていた でも 逝けそうになかった・・・ 
しかし ここで射精しないのは 男として優しさがない
足を…つま先をピンとして…思いっきりそうして 待つ…
あと少しで…きそうなんだが…  
取引業者の受付のコ(シた事ない)を思い浮かべる 
あのコをメチャクチャに… 制服のまま縛りあげてビール瓶とか無理やり膣に突っ込んでみたり肛門にチンコを突き立てて遊んであのキレイなカワイイ顔が涙でくしゃくしゃになるのを見たり あのストレートの細い髪の毛を掴んで テキトーなヤツら呼んでマワしたり…  と ちょっとサディスティックな想像をしたら あっという間に逝きそうになってきた 彼女の頭を両手でつかんでぐっと深く押し込んだ
「ぴゅるっ ぴゅるるっ」
あは〜〜〜っ なんとか任務完了したww
目をつぶって彼女は 僕の精子を飲み下した
「だいじょうぶ??」僕
「うん 大丈夫… 逝ってくれて嬉しいの わたし嬉しかったの 」
そんなカワイイ事いう彼女だった
そのあと1回 膣に精子を押し込んで その夜 わかれた

4日目の朝は もう彼女は実家に向い出発の準備 高速バス乗り場まで送る為にホテルに行った スーツケースに何か積めてた彼女のスカートをめくって
パンティーをずらして そのまま 後ろから挿入し 手早く膣の中に射精して
仕度を急いだ 

バス停で「今度逢う時は お尻にも出すからな!」ちょっと冗談ぽく耳元で言った僕
「うん してみてほしい」そう微笑みバスに乗り込む彼女

膣に僕の精子を溜めたまま子供と夫の待つ実家に戻っていく
高速バスで約3時間 彼女は実家に戻る
今度いつ逢えるかな…大人になったクラスメイトもイイもんだねぇww
   

オススメ情報

close