無料
エロ
動画

九州 女子トイレ覗き 妄想 と 成長 |

実際にすると犯罪です 頭の中で描いて オナしてスッキリ 性犯罪軽減になると信じてます

オメコ ボボ まんこ 大人の…

2012.02.02 Thu

21:41:17


それからというもの 熱心に女性の排泄を見て回った
その結婚式のあった施設は 比較的近所だった為
時折 そこにおとずれ 知らないヒト達の式の最中に
そこに来る女性のまんこをトイレで待ち たくさん見せてもらった
そこだけじゃなく 探したらケッコウどこででも和式便器をまたいだ
女の股ぐらを見れる事を知った 
役所 スーパー 駅 たまに連れていってもらえるデパート…
僕にとって行く先は 全てトイレ覗きが目的になったと言ってもよかった
とにかく手軽に女性器を鑑賞できる それが当時のトイレだった
もちろん共同ばかりではないのですが
簡単に女子トイレに出入りできた
5年生になった僕は もう何個の…何種類のマンコを見たのか分からなかった
しかし 依然として 頭の中で「大人用のまんこ」というのが固まらなかった

いつだったか いつものように下から見せてもらってる時に
おしっことか屁とかじゃない臭いが もあ〜んと漂ってきた事があった
その臭いの根源が目の前40cmほど先にある 湿った肉の割れ目からだと
察するのは 容易くかった
近くであのグニャグニャの肉の臭いを嗅いでみたい できれば舐めてみたい
そんな風に思うようになってた

僕が住んでる団地に母親どおしが同級生だったという 比較的仲のよい同級の女子がいた 時々その家で遊んだ 母子家庭だった彼女の家 べっぴんさんと
近所では 割と評判のお母さんがいた
遊ぶ時は その女子と1対1は 少なく たいがい数人だった
だから 「トイレ貸して」と皆をおいて 
洗濯機のある所へ行ってパンツを拝借する事を思いついた
洗濯前のパンツを「さっ」と拝借してトイレに入る

おもむろにそれを広げて臭いを嗅いだ
「クサッ!」 それが最初の印象だった
それから事あるごとに 繰り返した
娘のもお母さんのも嗅いだ どっちも臭かった
だが 娘のは なんかオシッコが乾いたような臭いだけだったが
お母さんのは その中にもなにか もっと下半身がムクムクさせる臭いがあった
(やはり 大人用は なにか違ってた)
臭いを嗅いで舐めたりして その「ビリッ」とした塩気を味わった
やっと手で剥けるようになったチンポを 娘ので包み 母親ので包みたりして
遊んだりした
ある日 そのお母さんが外出していった
さっきゴソゴソしてた… 直感?「トイレ貸して」と脱衣カゴを…
まだ暖かいその母親から剥ぎ取られたばかりのパンツ(多分ブラもあったと思うが興味なし)があった
トイレで広げるといつもの くさイイ臭いだが 生暖かい粘液がついてた
舐めてみた 塩気は薄かったがヌルヌル粘ってた
本能的にチンコを剥いてそのヌルヌルの付いた部分で包む…
なんか ヌルヌルして気持ちイイ カチカチのチンコの先を
そのヌルヌルが包み なんとも…
クルクル回したり擦ったり… 不意に腹の底に「くぁっ」と
熱くなるモノを感じた 
「ビクビクビク…」何か分からない感覚に襲われて
おしっこと違う何かが出た
(これが話に聞いた精子なのか?)
お母さんのパンツのヌルヌルに重なるように重く出た
グルっと包んで そのまま脱衣カゴに戻した

同級女子のお母さんの粘液で精通を迎えた僕5年生だった 
 



オススメ情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
close