無料
エロ
動画

九州 女子トイレ覗き 妄想 と 成長 |

実際にすると犯罪です 頭の中で描いて オナしてスッキリ 性犯罪軽減になると信じてます

洋服売り場のお姉さんの股間

2012.02.08 Wed

23:49:05



中学生になると おのずと行動半径も広がり 自転車で15Kmほどの
隣街のスーパーがちょっと大きくなったようなショッピングセンターに
行くようにもなってきた
自分の街ではない所の女のマンコが見れるのは けっこう期待が膨らむ
自転車をこぐ足もおのずと力強くなる こいでる最中も
(今 この瞬間にもあそこのトイレには 女が入り便器をまたいだ足を無防備に開きマンコを晒してるのだろう…)
そんな事ばかり想像してしまってた

…着いた
はやる気持ちを抑えて二階建ての屋上駐車場にあがり そこからエントリー
ドアを開いた所から階段ナメで二階フロアにつながる場所を眺めて待つ
そこにこのショッピングセンターのトイレがある(1階には無し)
出入りする人間を数える(と いうのは 誰も中にいない事を確認する為)
しばし確認して最後の男が出ていった
(よし 今 男女とも誰も中には いない)
階段を降り女子トイレに侵入する
ドアのないトイレ入り口に入って右が女子トイレ 和式が縦に3つ並ぶ
真ん中の個室に入りカギをかけた あとは陰茎などイジりながら待つだけ
コッコッコッ… 足音が合図で制服の胸ポケから出した鏡を床にあて
見えてくる靴を追う
だいたいの女が一番奥の個室に入る この日も一人目から奥に…
つまり僕からすると前から見れる個室に入ってくれたわけだ
ある程度若い女に見える足 左右が少し狭い個室なんで 直見より手鏡のほうが股ぐらが見やすいスポットだ
鏡にその恥ずかしい部分から汚物を噴出してる所を映し出されてるなんて
考えもせずに股を開いて安堵してるであろう女
毛は普通の分量くらいだが あの上の合わせ目の突起付近まででその下は ほとんど生えてない あの二枚のヒダ肉は 肌色でそんなにはり出てなかった
そこからシブくように勢いのある小便が噴出して突起を擦る…
(やっぱり あの突起から女の小便がでてるみたいに見えるなぁ…)
この頃には 女陰のおおむねの形は理解してた ので この個体の色や形は だいたい標準的な(よく見られるモノ)シロモノだとわかった 
それから4人分ほどの排尿まんこと一人の脱糞を見たが 「コレッ!」という
ようなマンコは なかった (今日は もう上がるかな〜)
コッコッコッ… 身体に染み付いた動きで手鏡を… アレさっきの…
最初に見たまんこの靴だった(ウンコでもしに来たのか?)
また奥の個室に入って…「ガチ!!」カギをかけた
鏡を調整しながら待つ… ぜんぜん下着を下ろす音も動きもない…
(???なんでしゃがまんと?) つい鏡の角度を変えたりして なるべく向こうの個室の上方が見えないかなぁって してしまった
その時 やっと女がしゃがんだ (お!!)
(あれ!?) スカートもまくり上げず 股ぐらも開かず 膝を低めにして
女は しゃがんでた (………?)
また女は 立ちあがってそのまま出ていった
(なんだったんだ? もう帰ろうかね〜)と思った時
急ぎ足で二人分くらいな足音がした その足音は 僕のいる個室の前に止まった 鏡で見ると
さっきの女の靴と…  (!!男!?)
「ゴンゴン!」ノックしてきた
「コンコン」ノックし返した
また「ゴンゴン…」僕も「コンコン…」
三度目の「ゴンゴン」は 男の声付き「出てきてくださ〜い」
(…どうしよう…) 僕は しばらく黙ってたが
何度も繰り返される「ゴンゴン」と声…
「ガチャ!」仕方なくカギを開けドアを開けた
警備員の男とその横には 二階の売り場の制服を来た24歳くらいのキレイに見えるお姉さんだった…
スグ腕をガッチリ掴まれたので走って逃げる事もできなかった

事務所につれて行かれて名前とか住所とか聞かれ書きとめられた
所持品も調べられた
「初めてなのか?」と警備員 
この店では数ヶ月前から店員といわず客といわず女性器を観察しまくってた事は 言わず「はい スミマセン つい 出来心で…」
「あんな鏡で見えるのか?」と警備員
「いえ 想像と違って見えませんでした」と僕
そこであのお姉さんの店員に「売り場に戻っててください」と警備員

事務所には 僕と警備員だけになった

「ホントに何も見えなかったのか? んん?」と警備員
「ハイ 何も見えませんでした」と僕
しばらく 沈黙のあと
「まあ 気持ちはわからんでもない そういったものに興味もあるだろう しかし こういう事は 二度としてはいかん!!」
「はい すみません」
「今回だけは 警察にも学校にも言わん」
「はい すみません」

「本当に何も見えなかったのか?」
「はい」
「ヨシ 二度としては いかんぞ! 次は警察だからな!!」
と釈放された

(もっと上手に見なきゃ)そう誓いながら自転車をこいで帰った 

さすがにその日は 他のスポットも寄らず帰った。


オススメ情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
close