無料
エロ
動画

九州 女子トイレ覗き 妄想 と 成長 |

実際にすると犯罪です 頭の中で描いて オナしてスッキリ 性犯罪軽減になると信じてます

ずらぁさん&まんたろうさん へ

2013.03.20 Wed

12:05:02




いつも コメントをくださる(嬉しい)まんたろうさんとずらぁさんからのリクエストです

むか〜しむかしのおはなしですヽ(*´∀`)ノ
僕がリーマン時代…僕の入社二年後に入ってきた営業マンがいた そいつ大卒なんで短大(専門学校)卒の僕と歳は 一緒だ 会社では 後輩になるのかもしれないけど あんま関係なく同い歳なだけにトモダチになっていった
なんか突拍子ないヤツでちょっと驚く事をやったりするヤツだった(外観は いたって好青年なのだが…(;´Д`))
ある日 先輩営業マン(ちょっとヨゴレ演じた)が気に食わないから ぶちくらす(ぶっ叩く)という
「へ〜 大変ね〜」僕
「○○さんも来てばい! 手伝うて〜」山家
「な〜ん あんた ボクシングしよろ〜もん 一人で十分やんね」僕
「圧勝せな気ぃがすまんとですたい」山家
僕は 高校時代に町道場(空手)には 通ってたけどケンカとか好きじゃないんですよね〜(><)
「イヤばい 俺ぇ」僕
「客(サセる女)紹介するけんで頼みますって」山家
(なに?女か!?悪くないねぇ)簡単に釣られる僕…(><)
「しょんなかねぇ〜 行くたい!」僕

まあ 行ってみたら強気に見えてたその先輩営業マンは ビビリあがったみたいで 土下座したうえに 言いもしてないのに何万円か置いて逃げるように去っていった…(よかった〜無駄な暴力キライだもん僕( ̄∀ ̄))
おかげでお金もボボ(おまんこ、SEXの九州弁)も手に入った
まあ 僕とは こんな感じのつながりがある男だった なにかというと相談というか話にくるヤツ

初夏のある日 
「○○さん ××教って 知っと〜ね?」山家
「宗教のこたぁ 知らんばい」僕
「もう たいがいシツコイとよね〜 たまらんですばい」山家
とかいう話をしてた数日後の19時頃か僕のポケベルが鳴った(番号表示のやつ)山家の携帯(営業マンは 早くから持ってた…アナログのデカイやつだけど)番号だった 
またつまらんゴタゴタやろう と 自分の車の洗車が終わるまで電話かけなかった 40分後 やおら その番号にかけてみた
「もしも〜し 俺! ベル打ったろ!? な〜ん?」僕
「遅かねぇ 待っとったばってん 遅かけん終わったですばい」山家
「なんがや!?」僕
「ほら こん前言うとった○○教たい あんましつこうて あったまんきたとですよ やけん話ば 詳しゅう 聞こうたいって ホテルに連れ込んで○○さんのベルば 打ったとですよ」山家
「んな〜!?なん?そい?」僕
「二人で喰おかち 思てですよ」山家
「はよ 言わんけんや!!」僕
「やけん ベル打ったでしょうが!!」山家
「どげんすっと もう帰るとや!?」僕
「スッキリは したけんですねぇ どげんすっかなぁ… 来る?」山家
「いくいくいく!!どこ!?」僕
「○○町の●✖ホテルの501ですばい! はよ来んと…( ̄∀ ̄)」山家
「わかった! 頼むばい…」僕
踵を返し車に…街中… イカン! バイクに替えて飛び出す僕…

ココだな…そのビジネスホテルの前の歩道にバイクを停め フロントをくぐる
「旧友が来てるらしくて…いいですかねぇ 訪ねて」僕
「ハイ どうぞ」ホテルマン
エレベーターに乗りイ離椒織鵑魏,后,覆鵑箸發發匹しい動きでエレベーターが昇る…
「ヒホーン!」五階に着いた
ええっと501… ココか… 「ピンッポーン!」
「がちゃカチッ! ウイ〜ム…」
「えらい 速よなか〜?( ̄∀ ̄)」ボクサーパンツ一枚の山家が言う
「バイクで来たったいやん(;´Д`)」僕
「ま 入んない(入ってよ)」山家
ビジネスホテルなんだけど歓楽街にあるココは 連れ込みホテルとしても知られる場所…しかし… 山家…やるなぁ(;´Д`)
スカートとブラウス…下着なんかが床に散らばってて セミダブルと思われるベッドにその女が置いてあった 黒い長めの髪は ストレート やせ型で貧乳ぎみ 化粧は ごく薄い… ぶっちゃけ「美女」ではないが醜女でもない わりかし普通にそこら辺でみかける感じの23歳くらいの真面目系の女
「どげんしたと?無理やりや!?」僕
「いやぁ 普通に… 最初嫌がったけど 途中からなんも言わんごとなった」
こいつの「普通に」は 想像がつかん(><)
女をみる… 泣いたりした感じは まったくない ただ目が死んでるというか 虚ろな目がどこか遠くをみている感じ 心ここにあらずって感じで ベッドの上に全裸のまま横座りに脚を流し乳房も隠さずすっくとたたずむ… 
「処女やったっちゃないと!?」僕
「違うごたぁね シた事あるボボやったばい」山家
「なんか ヤバくなかぁ?クスリとかやったつか?」僕
「んにゃぁ やっぱ宗教のヒトやけん なんかあっとじゃなかぁ?今 心は 教祖様のとこにでん行っとるとじゃなかね いつもは 普通やったけんね 脱がしはじめてからずっとこうばい」山家
「…そう…なん?」僕
「なんもイヤがらんばい シてん」山家
「エエつかの!?」僕
そっと髪…頭を撫でてみる 一瞬「はっ!」としたけどスグにシャッターを閉める彼女の心…
「よか!?」僕
「よかろ!?」山家
服を脱いでパンツだけになり後ろから座る女を抱きしめてみる なんの反応もない ただ髪のイイ匂いと触れる肌に感じる女の体温 戸惑いと共に罪悪感のようなモノを感じなかったとは いえない だがそれ以上の興奮があった とびきりの美人じゃなくてもこんな状態で今はじめて見た女とヤれる…それはもう… 
貧乳ぎみとはいえ キチンとある乳房を後ろから手のひらで包み指で乳首をつまむ… 片手を繁みに這わしていく…小陰唇を指先に感じた 山家が拭いたのか女自身が拭いたのか 乾いている 身体を密着させるとさすがにたまらないものがある…生物の本能なのだろう ムクムクと僕のモノは起き上がり硬くなる 後ろから唇を重ねて…(うっ 精子臭っ!!)
「ココニダシタツカ?」なんとなく小声で山家に言う僕
「うん 逝きそうになって抜いて口に出したばい」山家
「ハヨ イワンカヤン(`_´)」僕
「あはは…」山家
小さくカワイイ乳房…乳首を優しく愛撫続ける
また そっと柔らかい黒く繁る陰毛に手をわけ入れる 閉じ合わさった小陰唇の隙間からさっきなかった粘液が湧いてた… なんの反応も見せない娘だったけど 身体の中は 勝手に反応するのだろうか… 中指でそっと小陰唇を左右に…指を沈めてみる そのヒダの内側は ものすごく大量の粘液で溢れてた(;゚Д゚)! 「あっ」も「うっ」も言わずに でも身体は感じているのだろう
後ろ抱きにしながら右片足を彼女の脚に割入れ開く 左手は 彼女の膝を引く 明るいままの部屋で股を開かれ陰部を光に晒す 拒否のひとつもなく女は されるまま… たまらない…
白い下腹に黒いが柔らかい縮れのほとんどない毛 その間にある少し赤みのさしたキャメル色の小陰唇 指で開いてみるとピンク色の内側の柔肉は でこぼこだが厚い粘液をまとって尿道口あたりを尖らせてる… 
山家がチンコ挿れたあと…わかってるけど 抑えてられない 女の上半身をベッドに倒して左手で女のモモを持ち上げ その濡れそぼった秘肉に口をつける クリトリスとクリトリスフードの隙間に舌先を何度も通し 尿道口を舌先でいじり 小陰唇を口に含み… 若い女の外陰部を味わう 
この状態のクンニだと目線は 尻に… 会陰から肛門にかけてまた陰毛が生え肛門は ほぼ見えない 膣あたりに舌を這わせながら鼻をその尻肉が始まる合わせ目のあたりに押込む ザリザリした毛の感触の奥に吸着するような感触…鼻先が女の肛門に触れた 大便の臭いは しない 
「○○さん マメかね〜 俺なんかスグ挿れて 逝って 終わりとに…」射精したあとだから余裕のある山家がいう…
「マメっちゅうか 好きとよ こげな事が…」僕
女は 相変わらず弛緩した両足をだらりと開き何の反応もしないのに膣液は とめどなく出てくる…(もう 挿れようかなぁ)
弛緩した脚を立て膝のように保持しながら正常位でソコにちん先を当てる
「ぬるるるっ」僕のが乾いていたにも関わらず 容易に全部膣に収まった
膣の感触にこのシュチュエーションが加わり かなり気持ち善い ただ脚を保持しないとどうもヤりにくい 両手で女のモモを抱き込むようにし軽く女を丸めて腰を振る コレがコツだったかな… 十分に女の膣の感触を味わい快楽を愉しんだのち 逝く瞬間抜いて女の腹〜胸に射精した(ふあぁ〜善かった)
「じゃ 今度 俺ね」復活した山家が タオルでサッと女にかかった精子を拭くと何もせず挿入 ガンガン腰を振る…横を向いたまま虚ろな目の女… こんな事ってできるんだろう…ね 修行なのか?全く下半身にされてる事に動じない…不思議だ
「くぁ〜! 逝く! 逝く! 逝く〜〜〜!!」
「おあ〜! 逝った〜〜〜〜!」山家
「あ? そんまま出したと!?」僕
「そう… 逝った 中で…よかろ なんも言わんもん」平然という山家
(まったくコイツ…なんかコワい)
山家が面白がって女の両足を開く マンコから精子が垂れてる…
「○○さんも もう中で出せば! よかろう?」と言いながら無造作にまんこに指を突っ込んで精子を掻き出し簡単にタオルで拭いて「準備OK〜!」とかほざいてる… 
僕もまだ若かった もうほどほどには 復活してた 完全体では ないが挿入できる最低限の硬さは もうあった 山家がフザけて女を後ろから抱いて両膝を持ち上げM字開脚にして「ねぇ早くぅ〜 シてぇ〜」と…(><)
もう 僕も理性が崩れはじめた… 
拭かれたマンコに乾いたままの僕のモノだと入らない気がしたので 山家に女を保持させたまま 口に入れてみる 左手で女の頭を支え右手の指を女の奥歯あたりに突っ込んで… 歯が当たるので 深く入れた所で女の頭を両手で持ち直し動かす ちんこ濡らすのが目的だったが コレもまた善い 歯はチン付け根辺にあるのであまり気にしないでいい 女の頭を前後させて愉しむ…
「もう よかろ!?重かっちゃん」山家
「ああ スマンね」僕
もう少しつづけたかったが 女の口から抜いて 乾いた小陰唇を指でひらいて押込む… 唾液のおかげでスムースに膣にはいっていく…
ゆっくり腰を振る…しかしヤりにくい 女の下半身をベッドの外にして上半身を突っ伏させて「バック」で犯す事にした 逝って間もないから なかなか来ない しゃにむに腰を振る(硬度は 上がってきた) 山家は ベッドの上で まだフニャったままのを女の頭を両手で抱えて咥えさせ始めた
「キツか〜! 頭ずっと持っとかなんばい」山家
「おおおっ! 出そう!逝きそう!!」僕
「まだ? まだ逝かんとね?」山家
「…逝きそうっちゃけど…」僕
「コッチは なんか勃ちはじめたごたぁ…」山家

逝けない… お!そうやん!思い出したように尻の割れ目を開く…囲むように毛は 生えてるが 平面的な印象のこの女の肛門は キチンと剥き出せる(いいねぇ)
指を舐めて濡らしてゆっくり入れてみる 肛門環が徐々に指を受け入れて指の腹は その巾着状の奥の広くなった所… つるりとした直腸の感触をつかむ ほんと肛門に弱い僕だ 出し入れする指にねばりつくように肛門の皮膚が動くのを見てたら あっという間に達した お湯溜まりのようなじゅぼじゅぼした膣のナナメ上(バックで突いてて)にちょっと深くくぼんだ感じがあってそこにコリッとしたモノを感じたから そこが多分この女の子宮口だと思う 腰を強く掴んでその辺りに精子を出して 腹の底から出ていく精子の感触を3度味わい最後の汁まで出して 女の背中に覆いかぶさった(はぁ〜 出た出た〜ww) 
そのまま少し休もうとしてたら山家がまた「代わろう」って言って そのまま拭かずに挿入して 簡単に膣の中に出して終わった

名残惜しかったが 僕は ちょっと復活に時間がかかりそうだったのでもう諦めた(もっといろいろ試したかったなぁ〜(T_T))


何の反応もない よくいえばお人形のような… 悪くいえば死体のような女
弛緩したままのだらりとした肉体…
そのひとつの身体を二人の男で愉しんだ 精子を女の中に残したまま 僕たちは 身支度を整えた

「俺ら 帰るけんね」と女に声をかけた山家
「…」なんの反応もない女
「部屋代は?」僕
「自分で払うっちゃないですか?」といい部屋から出ていく山家(;゚Д゚)!
僕にもいくばくかの良心的なモノもある… とっさに持ってた札全部(おそらく千円札混じりで2万ほど)を山家にみられないように「サッ!」と置いて部屋から出た 

女は上半身をベッドに突っ伏したまま…ベッドから床へと流れる下半身…
膣から…小陰唇の間から精子を垂らし 白い粘液が黒い毛を伝ってたのを 今も覚えてる…

オススメ情報

コメント

183

九州さま、迅速な対応誠にありがとうございます。
読み応えのある記事にまんたろう、大感激です。

本当に鬼畜な抜けるエピソードですね!
しかも避妊しないで種付けまでしてしまうとは、もう言うことなしです!

セックスするのは面倒だけど、オナホ替わりに女性器を使いたいときってあると思うのですが、そんなときにピッタリの女ですね。(笑)

まんたろうも膣姦で逝けないときが多々あるのですが、そんなときは九州さまのように女の肛門をいじって気持ちを高ぶらせます。
嫁にやると怒られますけど。(´・ω・`)

今回のエピソードの場合は、世間的には一応同意の上ということになるのでしょうか?
その境界線がよくわからないところが、恐ろしいのではありますが・・・

九州さま、最高のズリネタ本当にありがとうございました。
これからも記事の更新、頑張ってください!
応援しています。


184 うわーっ・・・

正真正銘の
「悪党」
発見!!
シャレになってな〜い(;゚Д゚)!

山家さんって人はまさしく筋金入りですね。
ホテル代まで相手に払わそうとするなんて・・・

若いオネーちゃんだもんな、ちとかわいそうな気も。

でも、宗教関係者か・・・
実は、普段から「教祖様」にヤラれているかもしれないし・・・
これをきっかけに、目を覚まして宗教から足を洗えれば本人にとってもいいだろうし・・・
そう考えると・・・


・・・まあいいか!(^^)←外道





九州さんの文章は本当に不思議。

読んでいると、現場での会話や状況がつぶさに浮かんできます。
かなりヤバイんじゃないかな?と思う内容でも
スイスイと読み切れてしまう。

以前、酔っぱらった会社の生意気なOLを3人がかり(でしたっけ?)で中出しした時のエピソードがありましたが、
マジでアブナイ話なのに、第三者的立場でその場面が想像できてしまい、
思わず笑えてくるんですよ。
他人事だからこそ生まれてくる感覚でしょうね(当事者は必死でしょうが)。
(^^)

なんと言っても、実体験に基づく話というのは説得力あります。

ネタの多い九州さんがちょっとうらやましいです。

185

>まんちゃん

鬼畜って…(><) 山家がでしょ!?(´▽`)
僕ね 初めて体験した頃から通算して3回ほどしか
コンドームした事ないんです ましてや初体験時から中出しだし…
まあ 23前後は マイルーラというものは使ったりしましたね

オナホ… 実際どうなんですか? 僕は 一度だけ誕生祝いで
男トモダチがテンガっていうの?くれた事があった
使い方もよくわからんでどうしようか と思ってたら
その頃の性処理友達が 「使ってるとこ見たい」ていうもんで
その女の前で使ってみた 正直逝けそうになかったので その女にテンガを持たせて動かさしてみた「あたしとどっちがイイ?」て
聞くから「君のほうが何十倍もイイよ」て いったら それを外して口に含んでその後 上に乗ってきた いつもは そのまま出してしまう(ピル飲んでもらってた)のだけど なんかテンガがもったいなく思ったので バックにかえて 逝く瞬間抜いてテンガに挿れて射精した 「なによ!」ってちょっと怒られた(´▽`)

逝けない時の肛門いじりですね…奥さんダメですか…
奥さんの…開発手伝いたいものですねぇヽ(*´∀`)ノ 
マワされるとけっこう悦ぶヒトも多いです
男が思うほど悲惨なことじゃあないのかもしれませんねぇ(;´д`)


今回の記事…合意でしょ!?(;´Д`)
うん 間違いなく合意です
少なくとも山家とは キチンと合意してます(*´∀`*)

186

>ずらぁさん

山家君でしょ〜(><)マジやべぇ男です
外観にそれが現れてないのが…(;´Д`)
僕が参加してない出来事もけっこうこの男にはあります
なんだか くえない男 それが山家!
僕も少しズレたとこありますけど この男は 狂ってるような感じです\(◎o◎)/!
深くは 付き合えないですね…やばいです
でも イイ時には 呼んでもらいたいなぁ(*´∀`*)

うん そうなんですよ… コレ書いてて思ったんですよ
当時 そんな事は 考えてもなかったのですが
教団内で日頃 教祖なり上役なり あるいは 一般信者内ででも
こんな行為が あってたのでは!?と
精神をシャットするのは その行為またはその教え?の際の作法なのでは?と…
だって肉体的な動きは 全くみられないのに おびただしく愛液が湧き出す…(性快楽を身体が知っているからにほかならない)
インサートも極めてスムースでこなれた感じの膣でしたし…
もしこんな教えの教団ならば 体験入信してみたい(´▽`)

まあ 日頃行われているのなら 彼女のあの行為?行動?仕草?
そんなもののつじつまが合う気が今してます
アレは 作法なんだ…
教育され刷り込まれた 無条件に行動に現れてしまう インプリンティングされたその動き…条件反射であり あるレベルに達すると 彼女は 無意識にそうなってしまうのかもしれない

教えやなにかは 裸になって男性が女性に挿入し射精する事で完了する… そしてその間 女性は 男性に身体のすべてを与え 任せる 個人の意思は 切り離し 全てを与える…
その教育された作法なのかも…(゚д゚)(。_。)

でも 信者ではない僕は 単純に愉しかったです
女二人以上の複数は 経験がないのですが…僕は 女1男複数の
セックスは いがいと好きです 楽しくなってしまいます(´▽`) 

187

九州さま、失礼しました。
鬼畜なのは山家さんで、九州さまは事後にホテル代置いていっていますものね!
九州さまは紳士です。

そうそうオナホなのですが、嫁があまりにやらせてくれないので、大人のおもちゃ屋で買ったことがあります。(笑)

あくまでまんたろうの感想なのですが、使用感は女性器より具合が良いと感じましたが・・・
後日オナホでせんずりに励んでいるところを嫁に見つかり、捨てられてしまいました。(´・ω・`)

肛門いじりの思い出は、独身のとき商品の女と膣姦したときの話で、その女、女性器が全然気持ち良くないんです。
バックで突いていたそんなとき、視界に入ったのが女の肛門。
最初はさり気なく触りました。
なんだか乾いた肛門だな〜と思いながら触り続けると、ヌメっと肛門がねっとり開いたんです!
これには異様に興奮が高まり、あっという間に暴発してしまいました。(笑)
行為が終わった後、女の開口一番、手をきれいに洗いましょうね!
女がまんたろうの性癖を理解してくれて、肛門を開いてくれたのでしょうか?

九州さまの文章表現は、あのときのまんたろうの感触を思い起こさせてくれるので、最高に抜けるのだと思います。
これからも最高のズリネタ、よろしくお願いいたします。

188

>まんちゃん

奥さんキビしいですねぇ〜(><)

気持ちよさ… 心?精神?の快楽もないと
なかなか難しいですものね
商品女の肛門を触って 挿れてる場所は 同じ膣であるのに
快感が走る… やはり心の置き所なのでしょうね快楽度は…(´▽`)

その商品が協力してくれたのでしょうね
締めていようと思えば 締めてられるでしょうから…
優しいですね(^O^)

ちなみにゴム付きなんですか?そのような商品女の場合

189

九州さま、レスありがとうございます。
商品女とするときは、ゴム付きですね。
まんたろう、一度だけ商品女とゴム無しでしたことがあったのですが、一発で病気をもらってしまいました。(´・ω・`)
100%の命中率に正直ビビりました。((((;゚Д゚))))
それ以来、商品女とはゴム付きじゃないと恐いです。(笑)

でも嫁以外の女に種付けできたら、ものすごく気持ち良いでしょうね!
想像しただけで興奮します。(笑)

190

>まんちゃん

そうですか…淋?
素人も ちょっとね…素性わかるの女じゃないとコワいかも…
なんとなくの流れで家出した○4歳とシた時(膣姦のみ)…
1週くらいで排尿痛から膿…センズリした精子がオレンジ色に…
やっぱそんな娘は ちとこわいですね(><)
性知識の薄いローティ○ンは 非常にあぶない気がします
ヤるならある程度素行のいい娘とかキチンと家庭を持ってる女のほうが安心できますね カンジダくらいならこの手合いの女でもありますが…アレは 女の体調しだいで発症するもんだから…ちょっと違うかな…やたらヌルヌルしすぎる娘とかカッテージチーズのようなオリモノの女は たいていソレですね

なるべく膣内で射精を済ます事 傷がない事 コトを済ましたら速やかにに排尿する事(膣内 直腸内で放尿できるならそれは 愉しいですが)で随分 性感染症は 減ると感じは してます
女の喉に感染源がある場合もあるのでオーラルでも注意ですね
とにかく性社交的な女は 避けるべきですね(><)

>でも嫁以外の女に種付けできたら、ものすごく気持ち良いでしょうね!
それは ものすごく愉しいですね 伴侶がいるにも関わらず望んで産んでくれた女も数人…
しかし 膣内射精したからとそんなに簡単には 受精しないのが普通です 実は わりと確率は低いんですよコレって。 
おもてに出にくいのですが現代社会において不妊治療の夫婦の数は はんぱなく多い
一生懸命膣内射精を繰り返し排卵日とかに合わせてせっせと精子を注入するにも関わらず なかなか…みたいです
ただ女が発情してる(ヤりたがってる)時は 高確率です あと自分が限界付近(危ない時)にも確率が高い感じでしょうか…(;´Д`)生物としての機能なのでしょうね

余談ですがマワしだと ソロでヤるより何度も大量にシラコが出ます(経験的に) コレもライバルの遺伝子に負けまいとする生物の仕組みだと感じてます(´▽`)生物バンザイ!!

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
close