無料
エロ
動画

九州 女子トイレ覗き 妄想 と 成長 |

実際にすると犯罪です 頭の中で描いて オナしてスッキリ 性犯罪軽減になると信じてます

美女排泄は 罪なり   リターン

2012.02.11 Sat

22:44:54




その同級女子のお母さんに精子の処理をしてもらってて
本当なら感謝しなくてはいけないのだけど
やはり飽きてきたりする 人間って贅沢なんですね
そしてやはりあの(女子トイレ覗きの)興奮が忘れられない
久しく自身で規制をかけてたのだが…
我慢できたのは 半年くらいか
もう中学二年生になってた 母親のお供で僕の住む県で中心となる市の
デパートに行った時…
中二にもなって母親と一緒に買い物など 恥ずかしくイヤだった
なので「4時半にここで落ち合う」て事で別行動する事にした
とは言ったものの特に見たいモノもない スポーツ用品店をぶらつき
玩具売り場をぶらつき ものすごく美人なお客が目の前を通り過ぎて
階段のほうへ歩いて行って曲がった 
そこには トイレの案内の札があった
(ダメだ もう止めるって決めたから…)
違う事を考えようとする …が
もう頭の中は あの綺麗なお姉さんが和式便器をまたぎ あのハイヒールの横に
おそらく誰にでも見せる訳ではない 自然状態の女性器を開いて
小便を排出してる…
もしかしたら 綺麗な外観と裏腹な糞を肛門からひり出してるかも…
もう たまらなかった
トイレに足が向かってしまった
階段の横にトイレ入口があった への字に曲がった通路の先は F字状になってて
手前入口が「男」 奥の突き当たりの部分が「女子」入口だった
男入口前で見ると洗面鏡が見え 閉まった個室のドアが映ってた
他に誰もいないように見えた
(ええい!!)
足音を殺してたが思い切って女子トイレに侵入した
個室は3個 直列の縦並びみたい
一番奥のドアが閉まってた
床に顔をつけて見るが つき当たりの壁が邪魔で「斜め前」じゃなく「横」に近い
尿線は見えた だがスグ怖気づいて 外に出てしまった
ブランクを感じた… でも もう一度は 入れない感じ
男側で手を洗いながら待つ 
あんの上 個室ドアが開く音がし 「キュヒ〜〜〜」手を洗う音
「ンキヒッ!」蛇口を締める音のしばしあと
「カツン カツン カツ…」ヒールの音が聞こえ始めた
わざとちょうど鉢合わすように男側から出る
(ああ ほんと綺麗なお姉さんだ… こんなお姉さんの性器 見たい…)

この美人のせいで封印が解けてしまった
即エレベーターで最上階(7F)まで上がる
その際 売り場の女の品定めをする 当時のデパートだから売り子のお姉さんは
レベルが皆高い 中でも5階の宝飾品売り場などがかなり上玉が多かった
7階から 階段で降り6階と5階の間の踊り場の椅子に座った
5階から見えにくい側に…
しばし様子を見る だれの出入りもない(今無人だろう)
そっと降りて5階の女子トイレに入り付き一番奥の個室に篭る
しばらく待った
「カツ カツ カツ…」硬いカカトの音
下から見ていると 入口付近で止まり 間を一個開けた 手前の個室に入った
「ヒュホ〜  ドン  ガシッ!」
個室に入ったらしい コッチは「ジャァ〜」と水を流しドアを開ける
斜め前(真ん中の個室の横くらい)から見せてもらう
汚物入れの後ろナメが良く見えるポジションだった
「カツ カツッ」 足元を踏み変えてすぐにマンコを下ろして見せてくれた
(今度は怖気付かず シッカリ見るぞ!!)
毛は濃ゆくシッカリしたモノだったが 女性器を囲むように別れてて
(ちょうどサーモンの筒切りのような感じ)おかげで見たい部分がきちんと
提示されていた 形はビラビラも大きくてはみ出してるが色合いは あまり汚くなく肌色っぽい その間の理解しにくい場所は ピンク色だった
ハッキリした濃ゆい陰毛だったので その部分がハッキリ見える感じ…
「シュロシュロシュロ〜」て感じで
放尿が始まった またその尿が ど黄色!! 
ピンク色の部分からかなり濃い尿を弛めに排出  そしてこの時初めて見たのは 尿の出てる場所より下の部分から 白い粘った液体が垂れ出てきたモノ
(スゲェ! あれが女のパンツに付いてるモノなのか?)
なかなか切れずにマンコから垂れ下がったまま
それを伝わって尿が便器に落ちるのに… その粘液は落ちない…
尿が終わり肛門辺りを「きゅっ」とこの下半身は 締めた
「ぼとり…」て感じでその粘っこい垂れ下がった液が便器に落ちた
「カラン カラカラ… ズビッ」
紙を持った綺麗な手が下りてきて その部分に簡素に押し当てて便器に落とした
そして立ち上がった
僕は 静かに素早く退出し5階の売り場へ出て トイレ入口を横目で見た
「カッ カッ カッ …」遠目に聞こえるのは さっきの濃い小便を出してた下半身の本体である女 
(…!)
僕が目を付けてた 一番上玉っぽいエレガントな髪のお姉さん
あの宝石売り場の…
一発目からツいてる あんな美しいヒトの人に見せない状態の性器を…
そして僕には 初めて見る事になったパンツのヨゴレの原因…
そしてたいして拭かれない不衛生っぽいまんこをまたぐらに備え持つ美女…
もう 全てが最高だった もう 自身を規制から解く事は 止まらなかった

デパートでヒトの前を横切って排尿に行く美人のせいで またリターンしてしまった
少年だった…。   

オススメ情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
close